日本を代表するウクレレ演奏者として、色んなメディアに出てみたり、 CDも出しているので、ひょっとしたら知っている人もいるかもしれませんね。

ウクレリスト・ギタリスト・作曲家・編曲家
1947年4月2日生まれ、神奈川県葉山町出身。
1970 - 1980年代のスタジオミュージシャン界を代表するトップギタリスト、作曲家、編曲家。
クラシック、ジャス、ポップス、演歌、アニソン、CMソング、映画音楽など、20年余りの活動期間におこなったレコーディング件数は優に数万曲を超える。
2009年2月19日にウクレレによるアルバム「湘南」を発表したほか、2010年にはウクレレでアニメやゲームの楽曲を弾く動画がYouTubeやニコニコ動画に多数投稿。
ウクレレ動画は延べ50万回以上も再生され「神」と称賛を浴びる。
湘南のアトリエで行う個人レッスンのウクレレアカデミーでは入門希望者が後を絶たない。

ウクレレを教えて約10年

これまで沢山の方に指導してきた中で、
「ウクレレが弾けるようになりました!」
「こんな簡単にできるならもっと早く始めておけばよかった…」
という、喜びの声をたくさんいただきました。


中には、ウクレレの魅力にハマってしまい、 ハワイに留学してしまった人や旅行先にもウクレレを かかさず持って行く!なんて人も出てきました。


ところがその一方で、

「ウクレレを続ける自信がなくなりました…」

と悩む人もいます。


「ウクレレは面白いんだけど、楽譜も読んだことが無いし…」 「私だけ覚えるのが遅くて、教室は合いません…」

という人。

こんな風に悩んでしまう人がたくさんいます。

私はなんとかして、 ウクレレの楽しさを伝えたい!
一人でも多くの人にウクレレを弾くことの喜びを味わってほしい!

そんな思いから、どうしたらウクレレを簡単に、 楽しく弾けるようになるのか色々と考えました。

本を読み、どこで初心者さんはつまずいてしまうのか、 レッスン風景をじっと見つめ、生徒さんたちからも悩みを集めました。

そんな時、いつものことながら気分転換に海沿いの浜辺を散歩していました。
地元である湘南の海を眺めながら散歩をしていたんです。


しかし、海を眺めても胸の奥でモヤモヤとした何かが引っ掛かり いつもの様にゆったりした気分になれないでいたのです。


そんな時、海の音を聴きながらウクレレを鳴らすと気持ちが落ち着いて 段々リラックスしていく自分に気が付きました。

生徒さんの悩みを頭に浮かべながら、譜面をじっと眺めていると 私はあることに気づいたのです。

どこをどう押さえるかという事をぱっと見ただけで一瞬にして分かるように、 もっとシンプルにできるはず…


そこでふと、良いアイディアが思いついたのです。

「そうか!こうしたら初心者でもシンプルに一直線で上達出来るはず!」

私はいてもたっても居られずに、すぐにでも誰かに指導したい気持ちになりました。


そして、その時のアイデアをそのまま生徒さんに指導してみました。

すると…

私の指導を受けた生徒さんたちが、スラスラと1週間ほどでハワイアンの名曲を 弾けるようになったではありませんか!!

本当に自分でもビックリするくらい、この方法は生徒さんに良く伝わりました。

私は、自分の指導方法が正しいことを確信し、その方法でウクレレを教え続けました。

その結果、沢山の方から

「ウクレレが無い生活なんて考えられない!ホント津村先生のおかげです。」
「始めて、人前で演奏をできてすごく嬉しいです!」


という喜びの声を聞くことができたのです。


ウクレレ経験があるわけでもない、ウクレレを始めてまだ数週間の人たちがスラスラと名曲を弾ける様になったのです。

ところが、その一方で「ウクレレが全く上達しない」と悩んでしまう人もいます。

ウクレレ教室をいくつも運営している私が言うのも 変かもしれません。

でも、教室に入ったのは良いのですが、ウクレレが 全く上達しない人もいます。

その1つは、ウクレレ教室が近くにない場合です。

あなたにも予定外の用事が入ったり、 急に忙しくなったりといったことは経験があるかと 思います。

そうすると、教室が近くにない場合、だんだんと足が遠のいてしまい、 次第に行きにくくなっていつの間にか、ほとんど教室には通わなく
なってしまうのです。

実際ウクレレは、触って弾いてみない限りうまく弾けるようにはなりません。

せっかく上達したいという情熱はあったのに、教室に通わなくなり、 ウクレレを諦めてしまうのはすごく勿体無いことです。


もう一つは、他人に遠慮してしまう場合です。

グループレッスンでは数人で一緒に進めていくため、 ちょっと分からない点があっても、流れを止めて「もう一回お願いします」 ということができづらい難しい点があります。


もちろん、やり直しをお願いしたところで、 先生や仲間が気にしないのはわかっているのですが、 どうしても気を使ってしまい「なんだか悪いし・・・」と なってしまいがちですよね。

こうして、わからないまま次々と進んでしまい、 あやふやでついていけなくなり、一人ぼっちになっていってしまいます。


すると、だんだんとウクレレを触れること自体、億劫になってしまって、 折角のウクレレ上達のチャンスが台無しになってしまうのです。


もしあなたが

「信頼できる先生の教室が近所にある」
「流れをとめて質問するのは気にならない」


という方なら、教室に入るのが早いかもしれませんね。

でも実は、教室に通わなくても、 ウクレレをぐんぐん上達させていく人も居ます。

実は上達が早い人にはある一つの共通点があるからなんです。

ウクレレを伸び伸びと気持よさそうに弾いている人。
ウクレレを弾いている時、幸せそうな笑顔を浮かべている人。

ウクレレを楽しみながら上達していく人には共通点があります。


それは自宅で、自分にあった教材を使って練習をしているということです。


ウクレレは体を使って覚えて行くので、実際に演奏しないと中々上手くはなれません。

頭で考えるだけではなく、体が自然に動くようになるまで、手を使って弾いてみて、 その感覚を体に染み込ませていくことで自然にスラスラ弾けるようになります。

教室に通っていても、一週間に一度だけウクレレに触れて、レッスンを受けた
だけでは非効率的です。

上手な人は家で練習しています。

でも、むやみに一人で練習をするのでは、 間違ったクセをつけてしまう可能性があります。

やみくもに練習して間違ったクセをつけないためには、 お手本がウクレレを奏でるのを見て、その場でマネをすることです。

目の前で指の置き方や弾き方を見ながら自分の手を動かすことで、 あやふやな記憶に頼ることがなく、正しい手の動きを体に染み込ませて いくことができるのです。

「でも、何をお手本にしたらいいの?」

という声が聞こえてきそうですが、 そんな場合にはDVDをおすすめします。

市販の初心者用のウクレレ本などもありますが、 正直どれも分かりづらいのが現状です。


DVDなら、手の動きを動画で見られ、 しかも何度でも巻き戻したり止めたりしながら 自分のペースで見られるからです。

教室だと、先生に聞きづらい点もあったりして
何度も同じことを聞いたりしたらまずいかなという事もあるでしょう。

そういった意味でも、家でこっそりと自分のペースで練習ができる DVDが最適ではないかと思います。

ただ、DVDで練習するのにも難点があります・・・

初心者用の本も難しすぎますが、DVDも初心者用とは言うものの、正直難しすぎます。

ウクレレ演奏者が最初から曲をゆっくり弾くだけだったり、 レッスン中に難しい専門用語を連発して、その説明もなしにどんどん先へと 進んでいく雰囲気・・・。

正直、上達する方が難しい。

「同じように弾いてみてください」と言われても、同じようにできるはずがない・・・

市販のDVDは、
既に基礎をマスターして、譜面を読めて、ある程度ウクレレが弾ける人でないと、 同じように真似して演奏するのが難しい作りになっています。

譜面の読み方や、手の置き方、弾き方など、 ウクレレに一度も触れたことがない人には ハッキリ言って真似できるものではありません。

ウクレレは本来、キーとなる左手の弦の押さえ方、曲を理解していないと、 上級者の真似をして演奏するのは難しいものです。

まったくウクレレを触ったことがない人が 市販のDVDを見てスラスラと弾けるようになるかと言ったら、 そこまでは行きつかないのが実情です。

では、一体どうすればいいのでしょうか・・・

楽器が始めての初心者さんは、楽譜が読めなかったり、 専門用語が多すぎて何が書いてあるのか分からないということもあるかと思います。


ですが、心配ありません。

そこで生み出されたのが「ラダー譜」と呼ばれる魔法のメソッドです。

私のレッスンでは、この独自の「ラダー譜」を使っています。


「ラダー譜」とは、「そこに書いてある通りに指を動かせば誰でも演奏できる 」 ように、指の順番を図にして左指の運びをイメージしやすいように 考えられています。

私の頭の中で図案化された、この「ラダー譜」を使えば、あなたは一日で 簡単な曲なら引けてしまいますよ。

生徒の皆さんも楽器が初めての初心者から上級者まで、「ラダー譜」で音楽の ジャンルにこだわる事なく、それぞれが弾きたい曲にチャレンジして、 どんどんレパートリーを増やす事ができています。

最短で上達するためには一体どうすればいいのでしょうか?

本来なら、

「私があなたのところへ赴いて、  お家でマンツーマンレッスンをしましょう!」

・・・と言うことができたら、それこそベストなのですが、 残念ながら私の体は一つしかありません。
全国を飛び回って一人一人に教えるのは限界があります。

それでも、嬉しいことに北海道から沖縄まで、日本全国から私の元へ
「先生のレッスンを受けたいのですが・・・」
という声が届いていました。

私の教室に来られない人にも、どうにかしてレッスンを届けたい。
一人でも多くの人が、ウクレレを気軽に楽しめるようになってほしい。

そう考え、遠くに住んでいても自宅で私のレッスンが受けられるように、 私の教室のレッスンをDVDにしました。

もちろん、今までと同じようなDVDを作ったのでは意味がありません。
結局、動きについていけずに終わってしまいますから。

ですが、このDVDは、

「ウクレレをまったく触ったことも無い初心者でも、最短でウクレレを楽しく弾けるようになるにはどうしたらいいか?」

という視点から作成しました。

市販のDVDでは1回でさらっと流してしまうようなところを、 ひとつひとつじっくりと説明しています。


特に、曲の練習の場面では、



おおまかに3ステップで、経験者の人からすると少しくどいかな? というくらい丁寧に解説していきます。

ウクレレを触ったことがない初心者さんでも、これだけ丁寧に3ステップで 練習できれば覚えられそうではありませんか?

「楽譜も読めず、楽器もやったことがなく、リズム感がない人でも、ウクレレを綺麗な音色で弾けるようになる」

というコンセプトで、 いろいろなアイデアを盛り込みましたので、 自分で言うのもなんですが良いものに仕上がったと思っております。


では、DVDの内容をご紹介していきます。
最初のウクレレ選びはとても重要でどんなことにポイントを置いて選んだらいいかや自分に合ったウクレレの選び方をいきなりはわかりませんよね。
そこで絶対外しては行けないポイントや重視する点をお伝えしようと思います。
ウクレレ選びももちろん大事なのですが、それと同じくらいなくてはならない道具があります。
これは初心者さんは軽く見てしまいがちですが、今後ウクレレ人生を歩む上で重要となるものなので、吟味して選ぶ方法をお教えしますね。
私、津村泰彦の独自の譜面である【ラダー譜】の見方と読み方をあなたにお教えします。これさえあれば、ささっとウクレレソロを弾けるようになり、1ヶ月でステージ上でウクレレを披露する日も夢ではなるでしょう。
ラダー譜を最初に渡されただけでは何が書いてあるのか、正直わからないかと思います。ですので、ここではどのように進めていけばいいのか、指の置き方をじっくり解説していきます。
本当にシンプルですので一度解説を見れば後は簡単に覚えられるはずです。
弦楽器をスムーズに演奏する上では運指(左指の運び方)が最も重要なポイントの1つです。
ここでは、ぎこちなくスムーズに次の指に移る秘訣をお伝えします。これをマスターすれば他のウクレレ演奏者よりも頭一つ抜けることが出来るでしょう。
4つや3つを同時に出して、音色に雰囲気を持たせる方法をお伝えします。
単音ではなくて、このテクニックを所々散りばめると、ウクレレにしか出せない癒やし音を奏でられます。
これを覚えると「お。何か上手!」と聴いてる人に感じさせること間違いなしです。
ウクレレは3本あれば足りるけど、なぜ4本の指を使うのか?
その秘密をお伝えしていこうと思います。この指の使い方をマスターすれば弾ける曲のレパートリーはぐんと広がるはずですよ。
ウクレレは「構え方次第」と言っても言い過ぎでは無いくらい持ち方は大事です。
そこで、私独自の持ち方や構え方をお教えしようと思います。
この基本をはずさないようにしてみてくださいね。
曲を弾くときに「なるほど!これなら腕を無理に使わなくても大丈夫だ!」と思うこと間違いなしです。
ここでは独自のラダー譜を使って、曲ごとに実際に演奏してゆっくり解説していきます。
曲名は全部で12曲あって、それぞれ「ラダー譜」の譜面付きです。
「見本演奏」「解説」「解説しながら演奏」という流れなのでウクレレに触れたことがある人なら一度見ただけで弾けるようになるかもしれません。

この章をマスターすれば、あなたが名曲「ムーンリバー」を暖炉のそばで弾きながら、その美しい音色でお友達がいつの間にか寝てしまってた…。
なんていう幸せなひとときも感じられるはずです。

「ふるさと」
「おぼろ月夜」
「花〜すべての人の心に花を〜」
「ムーン・リバー」
「ホワイト・サンディー・ビーチ」
「涙そうそう」
「上を向いて歩こう」
「アロハ・オエ」
「ヘイ・ジュード」
「レット・イット・ビー」
「星に願いを」
「ティアーズ・イン・ヘブン」
弦楽器には細さと太さ、ハリ、弦の長さで音の色調を変えていくのですが、その扱い方によってハワイの雰囲気を出せたり、哀愁漂う雰囲気を出せたりします。
この基本ポイントを身につけることで、あなたもすぐにハワイアンウクレレの仲間入りが出来るでしょう。
初心者が最初につまづくポイントである弦の触れ方をお手本をもとにゆっくり丁寧に解説しています。
逆にこれさえ今の時期にしっかりマスターしておけば、カツッと詰まる音は出なくなって美しい癒やしの音色を弾けるようになるでしょう。
ここではハワイアンミュージックの基礎を丁寧に解説していきます。
「ここから始まるよ!」というハワンアンバンプの差し込み方、独特な哀愁漂う演奏の仕方など初級者から上級者まで応用できるハワイアンスタイルのいろはを伝授します。片手にウクレレを持ちハワイのビーチで弾き語れば拍手喝采を浴びること間違いなしです。
ウクレレを「持つ」「支える」ということを同時にする左手は、実はとんでもないストレスになっています。そうすることによって演奏の上達も遅れますし左手は麻痺してしまいます。
では、どうすればキーとなる左手をストレスなく開放できるか?
ここではしっかり解説していきますので、きっと「あぁなるほど!」と思ってくれるはずです。
弦のはじき方や弾き方にも色々なテクニックがあります。
また、弾く場所によっても音の雰囲気を変えることができます。
ここでは、より優しい音色を奏でるための弦をはじくポイントを紹介します。
「終わりよければ全て良し!」と言われるくらい、ウクレレも終わり方で音の余韻を残せて良い印象を与えることが出きます。
曲の終わりにかけてどのように弾いていけば聴く人の心を鷲づかみ出来るのか、より余韻が残るような印象を持たれるのかを解説していきます。
あなたもこれをマスターできればウクレレ上級者間違いないでしょう。

実は、ついさっきまで、このDVDの値段は、24,800円になる予定でした。

販売業者さんに言わせれば、 「ウクレレ界のカリスマと呼ばれる方のレッスンですから、 24,800円でも売れることは間違いありません」 ということでした。

私はその値段が妥当なのかわからず、検討してみました。

参考までに、ウクレレのレッスンはだいたい1か月で1万円ほどです。

うまくなるためには数年は通わないといけませんから、 1年通ったとして12万円。
5年通えば、60万円にもなります。



もし自宅でウクレレが楽しく練習できて、 教室に通う位の速度で上達できるのであれば、 けっこうなお金を節約できるのではないかと思います。

このDVDは、私のレッスンをご自宅で受けていただけるものです。


しかも何度も繰り返して見れますから、 私の指導を何回でも受けられるのと同じ効果があると言っていいでしょう。

ほかの生徒さんに気を使う必要もありませんし、 少しでもわからなかったら一旦ストップも巻き戻して再生見直しもできます。
マンツーマンでレッスンを受けているのと同じ効果が得られると思います。

しかも、無駄なレッスンにお金を使う必要が無いのです。

何人かに価格について相談しましたが 「津村先生のレッスンが毎日受けられるなら、24,800円でも買います!」 と言ってくださる方もたくさんいました。

ですができれば、もうちょっと手に入りやすい価格で提供したいと考えました。

私には、世界中の人にウクレレの楽しさを知って貰いたいという願いがあります。

何か嫌なことがあったり、毎日の生活で疲れているときでも、 ウクレレのメロディで曲を奏でたら、心から笑顔になれる。
体の芯から癒される。
そんな、素晴らしい世界を体験してほしい。

私は心からそう思っているのです。

そこで最終的にこのDVDは特別価格16,800円 に落ち着きました。

飲み会に行けば3、4回でこのぐらい使うでしょうから、 これから教室に通う代金が節約できることを考えれば、 その価値はあるのではないかと思います。
さらにご購入を決めていただいた方には豪華特典7つをお付けしたいと思います!

「DVD見るにも時間ないし、ポイントだけ確認したい…」
という時ってありますよね?

そんなときに短時間でサッと内容を確認できる、テキスト教本を作成しました。

テキストはDVDの内容を網羅していますので、会社に行く電車の中などでもラダー譜の基本、指の運び方などのポイントを確認できるようになっています。

忙しいあなたのお役に立つ物をと考えたら、テキストに行きつきました。

ぜひ、ウクレレの上達に役立ててくださいね。
ウクレレの構え方がおかしいとウクレレの音色のまとまりがなくなります。

右手親指のどの部分で弾くのか?
弾く場所によっての音色の違いなど、弾き方で音のニュアンスも変わってきます。

これを知っているのと知らないのとでは音の雰囲気も変わってきます。

少し曲を弾けるようになったら、この辺りで音色の違いを楽しんでみるのもいいでしょう。
ウクレレをスムーズに演奏する上で最も重要なポイントは運指(左手の指の運び方)といっても言い過ぎでは無いでしょう。

また弦を押さえる場所によっても、かすんだ音が出たり詰まった音になるので押さえ方の工夫が必要です。

左手に負担がかからない押さえ方から、指がきれいに並び、運指がスムーズになる押さえ方まで綺麗な音を出すちょっとした秘訣をお伝えしますね。

この押さえ方を知っているのと知らないのとでは、聴く人の印象や音の雰囲気がガラリと変わってくるはずです。
これからウクレレをぐんぐん上達させていくうえで、基本の「ドレミファソラシド」は弾けるようになりたいものです。

ここでは「ドレミファソラシド」を弾けるようになる為に、手元に印をつけて見やすく覚えやすいように動画で伝えてあります。

iPadやiPhoneからでもこの動画を見ることが出来るので、通勤中や通学中にでもさっと確認して目と音のダブル効果で学習してみて下さい。
私が生み出した魔法のメソッド「ラダー譜」を使って名曲【Beautifl Dreamer】を演奏してみましょう。

ウクレレを触ったことがない初心者でも、「ラダー譜」を使うことで数時間で弾けるようになった人もいるほど、すごくシンプルなメソッドです。

おまけとしてラダー譜の譜面もダウンロード出来るようにしておきますので、是非、あなたも挑戦してみて下さいね。

※こちらの動画はiPhone、iPadなどで、いつでもどこでもサイトにアクセスすれば見れるようになっています。
私が生み出した魔法のメソッド「ラダー譜」を使ってウェルナーの【野ばら】を演奏してみましょう。

おまけとしてラダー譜の譜面もダウンロード出来るようにしておきますので、是非、あなたも挑戦してみて下さいね。

こちらもラダー譜付きですので、譜面を見ながらだとスラスラ弾けるようになるでしょう。

※こちらの動画はiPhone、iPadなどで、いつでもどこでもサイトにアクセスすれば見れるようになっています。
私が生み出した魔法のメソッド「ラダー譜」を使ってイングランド民謡【埴生の宿】を演奏してみましょう。

おまけとしてラダー譜の譜面もダウンロード出来るようにしておきますので、是非、あなたも挑戦してみて下さいね。

こちらもラダー譜付きですので、譜面を見ながらだとスラスラ弾けるようになるでしょう。

※こちらの動画はiPhone、iPadなどで、いつでもどこでもサイトにアクセスすれば見れるようになっています。
こちらは決済完了後のメールで専用URLをお送りしますので、そこから専用サイトにアクセスしてご覧になれます。

※サイト内の曲ごとのラダー譜もiPhoneやiPadでダウンロード可能です。
私は、このウクレレDVDの内容に絶対の自信があります。
ですので、ちょっと例外であり得ない保証をつけることに しました。

ご購入後、このDVDプログラムをご覧いただいてDVDの通りにやったにも関わらず、収録曲を1曲も曲を弾くことができなかった、または満足に演奏できなかった場合、指定の口座にDVDの代金を 全額返金させていただきます。

期間は365日間有効でその際、住所、氏名、口座番号をお教えいただき、 メールにてご連絡くださいませ。

ご連絡いただいてから1ヶ月以内にあなたの銀行口座に購入代金を お振り込みいたします。


万が一返金いただいてもDVDは返品する必要はありません。
この保証を付けるのは、このDVDの内容に絶対の自信があるからです。

また、あなたの負担にならない様にまずは気軽に ウクレレを弾いて試してもらいたいという気持ちもあるからです。

こちらが全て、あなたの不安やリスクを引き受けます。

万が一、返金を申し込まれたとしてもウクレレを愛する者同士、 私とあなたはお互いに仲間であり続けることを誓いますのでご安心下さい。
※返金対象となるものについて

180日間DVDの内容を実践して効果が得られない場合は、メールにてその旨をご連絡ください。

実践したことを示していただければ購入時の価格の本体代金を返金させていただきます。

※返金可能な期日について

ご購入後365日以内にご連絡があった場合に返金します。

※返金方法について

メールにて返金ご連絡してください。1ヶ月以内に指定の口座へお振込いたします。

※返金要求先アドレス

support☆ukurere100.com(送信の場合は☆を@へ変更して送信して下さい)

たくさんの人にウクレレの楽しさを知ってもらいたい。
それが私の願いでもあり使命だと思っています。

ですが、制作側の現実的な問題もあり、一度にたくさんの枚数を制作していません。100部のみです。

増刷することも検討してはいますが、不確実な状況です。

ひょっとしたら初回の100セットだけで、販売終了になるかもしれません。

決して焦らせるつもりはないのですが、少しでも興味のある場合は、どうかなくならないうちに手に入れてくださることをおすすめします。

津村泰彦のこだわりをこの一本にぎゅっと凝縮!
私は弾けば弾くほど自分の音色になっていくウクレレというものを数十年間探し求め、それを作ることを目指してきました。

そんな中でようやく出来上がったのが、このウクレレです。

沢山のこだわりが感じられるウクレレ「湘南の恋」で是非このウクレレ講座を弾いてみて下さい。
仕様(スペック)
コンサート
ボディー  天板:単板コア材
      裏板:単板コア材
      側板:単板コア材
ネック:マホガニー
指板:マホガニー
サムレスト:ローズウッド系
バインディング:ローズウッド系
ブリッヂ:マホガニー
ナット:合成プラスティック
ペグ:合成プラスティック
サドル:牛骨
インレイ
サウンドホール:貝細工(アバローン)
フレットマーク:貝細工(アバローン)
YY ロゴマーク:貝細工(アバローン) 

ラベル : 津村泰彦直筆サイン入り
【湘南の恋】専用オリジナルケース付き&ナンバリング刻印
  • 音の伸びがよく減衰が遅い
  • 弦のはじき方で様々な音色を作れる
  • 強く押さえなくても指を置くだけで伸びやかな音が得られる
  • 15フレット目のポジションマークが見易い
  • 貝細工によるインレイとポジションマーク
  • 次世代に通用するヨーロッパタイプのウクレレであらゆる音楽に対応できる
  • パーカッシブな演奏を楽しめるようにサムレストを装備
  • レコーディング時にマイク乗りがいい
  • ハイポジションがイメージしやすいネックセッティング
  • 手の小さい人や女性にも押さえやすいネックの形状と厚み
  • 音に深みを生み出すようにテールエンド(ブリッヂ)を大きく穴巻き式で固定
  • ヘッドには演奏者を見守るこだわりのオリジナルYYロゴ
  • 1弦の3及び5フレット目がボディーに響く
  • ウクレレソロに適した音へのこだわり
  • 奨励弦は、WorthフロロカーボンBM-LGかオーガスチンクラシック黒ラベルの第4弦の組み合わせとする
  • シャープで優れた立ち上がりの音を実現するためにボディーをやや薄めにしている
  • 薄めのボディーの底板にゆるやかなアールを付けてボリュームを損なわない
  • 1:1のペグを装備してヘッドが軽く演奏者に負担がかからない
  • ボディーを優しく包むローズウッドの2本のバインディング
  • 骨董家具の様な独特の輝きを持たせた仕上げ
  • ローズウッドの高級感と厳選したコア材を使用
  • ヘッドの裏面にはシリアルナンバー
こちらのウクレレは完全手作業で一本一本作られている為、数が限られています。ウクレレセットでのご購入を検討している方はお早めにご購入ください。


電話お問合せ